●緊急事態宣言時の貸し館、教室・訓練の扱いについて●
1月14日から2月7日まで京都府に緊急事態宣言が発令されました。ついては、下記のとおり貸し館、教室・訓練を取り扱います。
1 1月14日から2月7日まで施設の利用を午後8時までとする。 (受付も午後8時までだが、トレーニングルームの受付については午後7時までとする。)
2 午後8時までの利用になるため、夜の部については利用を取り消し、利用料は全額返金する。 ただし、午後8時までであることを了解のうえ利用するときは利用を認めることとする。この場合、利用できなくなる時間の利用料の返金は行わない。
3 午前、午後の部であっても、1月14日から2月7日までの間、コロナ感染対策を理由にキャンセルする場合は全額返金する。
4 会館教室については、コロナ感染予防対策を万全にして開催する。
5 訓練講座についても、コロナ感染予防対策を万全にして開催する。(夜の部の講座については、講師、受講者含めて補講の日程等を調整する。)
令和3年1月 館長

●「大人も子どももプログラミング体験会」のお知らせ●
2月11日(木・祝)は申込満員になりました。2月23日(火・祝)はまだ余裕があります。2回とも内容は同じです。

●会館利用の再開について●
6月1日(月)から(トレーニングルームは6月8日から)新型コロナウイルス感染拡大予防措置の実施を条件に福祉会館及び訓練センターの利用を再開しています。利用にあたっては以下の事項の順守をお願いします。
1 発熱や、軽度であっても咳・咽頭痛などの症状がある人は入館をご遠慮ください。
2 マスクの着用をお願いします。
3 入口及び施設内の消毒設備(石けんによる手洗い、手指=消毒用アルコールなど)を使って手指の消毒をお願いします。パーティ・イベント・ の場合は主催者も消毒液を用意してください。
4 定員の3分の1を目安に、机1台に1人とするなど、およそ2m(最小1m)の対人距離が確保できるようにしてください。 また、運動時の身体的接触(補助、握手、ハイタッチ等) は控えてください。身体が触れる場合は手洗い・消毒を通常よりこまめに行ってください。
5 入口や窓を開け毎時3回以上換気してください。 ただし、音響設備を使用する場合は他の利用者や近所の迷惑にならないよう、入口や窓を開けるときは音響を切ってください。
6 利用者同士の大声での会話や対面での発声を行わないようにしてください。
7 利用代表者の方は、万が一感染が発生した場合に備えて 利用者名簿を作成し、保管しておいてください。
8 利用当日、上記のことについてチェック表の提出をお願いします。
その他、職員の指示があったときは、指示に従ってください。上記のことが守られない場合は、利用をお断りすることがあります。令和2年6月 館長